独学でファイナンシャルプランナー3級の知識を得るには

誰でもできる限り費用を抑えて勉強をしたいと思うところですが、ファイナンシャルプランナー3級の試験は、独学で合格される方も非常にたくさんいると言われています。もちろんすべての方とは言いませんし、勉強をきちんとしていたかどうかも左右してくるため、いくら難易度が低いとは言われていても、ある程度知識を増やしておくことはとても大切です。独学をされる方をサポートしてくれるのが通信教育なわけですが、通信教育と一口にいっても様々なものがあります。自身で情報を集めて選んでいくことになるため、一つに絞るまでに時間がかかる可能性はあるでしょう。これが通信教育のデメリットの一つになるかもしれません。

ファイナンシャルプランナー3級でも、自分にあった教材を選べているかどうかで合格率は変わってきます。ちなみに、ファイナンシャルプランナー3級の合格率は平均して60%ちょっとですから、10人に4人は試験に落ちているという計算になります。半数以上は合格することができているわけですが、それでも10人中4人は再度試験を受け直しているわけですから、侮ることはできません。

また、税法などが改正されるたびに新しい知識を得なければいけないため、過去問を解くことはとても大切ではありますが、法改正がどのように行われ、どういったところが変化しているのかをしっかりと理解していくことが重要となります。経済新聞を読んだり、常にインターネットから情報を得ながら、知識を増やしていきましょう。