カテゴリー別アーカイブ: ファイナンシャルプランナー3級

ファイナンシャルプランナー3級の取得で通信教育を利用するデメリット

通信教育を利用するメリットはたくさんあります。ファイナンシャルプランナー3級は、独学でも試験の合格は可能ですのでスクールに通ってまで学習をすることはありません。しかしながら、通信教育を利用するにあたってはデメリットがあるのも事実です。デメリットにはどんなことがあるのかというと、わからなかったことが出てきてしまった時、すぐに解決することができないという点です。ファイナンシャルプランナー3級の試験でも専門用語が出てくることはありますが、さほど理解できていなくても問題はないと言われています。っしかし、わからないことはできる限り解決しておくに越したことはないわけです。

そういった意味も含め、通信での勉強は分からなかったところがあった時にはどうするべきなのか、そこもしっかりと見極め、スムーズに学習できる仕組みの通信教育を利用することが大切です。

また、通信教育といっても、予め学習できる期間が決まっていることが多いもの。つまり、いつでもどこでも自宅で好きな時に学習できるとは言っても、事前にスケジュールを立て管理していく必要があるのです。つまり、一人で好きな時に空いた時間に勉強することができるという点が、逆を言えばデメリットになってしまっています。

上記のことを踏まえ、どういった通信教育がいいのか、デメリットとなる点を克服できるものを選んでいくことが大切です。メリットばかりではありませんが、利用の仕方によってはかなり強い味方になってくれることに違いはありません。

ファイナンシャルプランナー3級の試験には通信教育がベスト

様々な勉強方法がある中で、通信教育を利用するメリットというのはたくさんあります。特にファイナンシャルプランナー3級は国家試験ではあるものの、難易度はあまり難しくないと言われているため、わざわざスクールに通う必要はありません。ですので、独学でファイナンシャルプランナー3級の試験対策を行っていく方が多いのですが、知識がなければないほど、勉強をしていく上で疑問が生じるようになります。もしも疑問が出てきたらどのように解決すればいいのでしょうか。自分で分からないところを調べて解決していく、これが独学の最大の特徴ではあるのですが、知識がないところで調べるということはかなり困難を極めます。

そんな時に通信教育が役に立ちます。通信教育と一口に言ってもいろいろなものがあるので、一概には言えませんが、DVDが付属していたり、インターネットを使った授業が受けられたりと、講師の話を聞きながら教材に目を通すことができるようになるため、疑問が生じたところもスムーズに解決することができるのです。中には、ある程度進んだところでテストのようなものを行い、講師が採点してくれるものなどもあるります。初心者だからこそ通信教育は上手に利用したいところです。

調べてみると、2級までは独学で勉強されている方が非常に多いのですが、通信教育を利用し基礎からしっかりと学んだ方と参考書などだけで独学で勉強されている方とでは、合格するまでの道のりが変わってきています。

ファイナンシャルプランナー3級の試験を一発合格するには

ファイナンシャルプランナー3級の試験は、年に3回受けることができます。実技と学科の両方が合格できて始めて合格証をもらうことができるのですが、どちらか一方は合格しどちらか一方が不合格だったとしても、一定の期間だけ合格した方が免除されるようになっていますので、試験がとても受けやすいという特徴があります。そうは言っても、できれば1発で合格したいところです。それにはやはり知識をしっかりと得ているかどうかが左右するため、勉強をすることは必至です。

ただ、全く知識がない方がファイナンシャルプランナー3級の教材で難しいものを手に取ってしまうと理解するまでにかなりの時間がかかってしまうため、途中で行き詰ってしまう可能性が出てきます。専門用語もかなり多いので、全く無知の状態から始めるのと仕事上ある程度知識がある方では勉強の方法も変わってくるところはありますが、通信教育なら、初心者の方でもわかりやすく作られていますし、専門用語もどういった意味なのか一つ一つわかるように解説されていますので、スムーズに覚えられるというメリットがあります。

ちなみに、ファイナンシャルプランナー3級の試験では専門用語の一つ一つがどういった意味なのかを理解できていなくても合格できると言われているのですが、いずれは2級・1級を取得することを考えているのであれば、通信教育を上手に活用し基礎から学んでいくに越したことはありません。一発合格も夢ではない資格の一つです。過去問に加え、わかりやすい教材を手にすることで数ヶ月で合格できるまでの知識を得ることは十分にできます。

ファイナンシャルプランナー3級を取得するための勉強方法

いろいろな資格がある中で、ファイナンシャルプランナー3級はスクールなどにわざわざ通わなくても、独学での取得は十分に可能だと言われています。かといって、全く勉強や対策を講じずに受験しても大丈夫というわけではありませんが、ファイナンシャルプランナー3級の難易度なら、昨年度からさかのぼり2~3年分の過去問題を解いたりするだけで、ある程度知識を得ることができるとも言われています。

しかしながら、それだけではただ単に問題と答えを暗記しているということにすぎないため、基礎はもちろんのことしっかりと学習をすることが大切ですから、独学をするにしても参考書を購入したり通信教育などを利用して理解していくことが重要だと言えるでしょう。難易度が低いと侮っていると、それ以後2級、1級と試験を受けるにつれて合格できなくなってしまう恐れがあります。

基礎をしっかりと今のうちから作っておくことが、今後を左右すると言っても過言ではないため、仕事上ある程度知識がある方でも通信教育などでもっと踏み込んだ知識を得ると、今後に活かすことができます。

通信教育なら、きちんと段階を踏んで勉強していくことができますし、順序を追って理解することができます。ただ、通信教育については、賛否両論ありますし、向いている人とそうでない人がいるのも事実です。自宅で勉強できるくらいの難易度とは言われていますが、どのように通信教育を取り入れて学習を進めていくのかスケジュールを立て行っていくと良いでしょう。